挨拶「内閣府大臣政務官を拝命して

(平成13年2月23日衆議院災害対策特別委員会会議録より抜粋)


(前略)
○赤羽委員長 以上で説明は終わりました。
  この際、山崎内閣府大臣政務官から発言を求められておりますので、これを許します。山崎内閣府大臣政務官。
○山崎大臣政務官 このたび、内閣府大臣政務官、主に防災を担当する職を拝命しました山崎力でございます。どうかよろしくお願い申し上げます。
  先ほどの伊吹大臣からの所信表明の中にもございましたけれども、昨年からことしにかけて各地で発生した災害の被災者並びにその関係者の方々に対して、心からお見舞い申し上げたいと思います。
  それとともに、微力ではございますけれども、伊吹防災担当大臣、坂井副大臣をお支えして、政府が最も重要視しなければならない責務である国民の生命財産というものを守る防災行政に全力で当たらせていただく所存でございます。
  委員長を初め委員各位の皆様方の御指導、御鞭撻をお願いいたしまして、簡単ではございますが、私のあいさつとさせていただきます。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
(拍手)
○赤羽委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
     午後一時一分散会