説明「公害等調整委員の任命について

(平成18年4月7日参議院議院運営委員会会議録より抜粋)


(前略)
○委員長(溝手顕正君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
  まず、人事官、食品安全委員会委員、預金保険機構理事長及び同理事、公害等調整委員会委員、日本銀行政策委員会審議委員、労働保険審査会委員、運輸審議会委員並びに航空・鉄道事故調査委員会委員の任命同意に関する件を議題といたします。
  内閣官房副長官及び副大臣の説明を求めます。まず、内閣官房副長官鈴木政二君。
○内閣官房副長官(鈴木政二君) 委員長のお許しをいただきましたので、発言をさせていただきます。
  人事官佐藤壮郎君は四月十一日任期満了となりますが、同君の後任に原恒雄君を任命したいので、国家公務員法第五条第一項の規定により、両議院の同意を求めるために本件を提出をさせていただきました。
  何とぞ、御審議の上、速やかに御同意されますことを心からお願い申し上げます。
  以上であります。
○委員長(溝手顕正君) 次に、内閣府副大臣嘉数知賢君。
○副大臣(嘉数知賢君) 食品安全委員会委員寺田雅昭、小泉直子、寺尾允男、見上彪、坂本元子、中村靖彦、本間清一君の七人全員は六月三十日に任期満了となりますが、寺田雅昭、小泉直子、見上彪、本間清一の四君を再任し、また、寺尾允男君の後任として長尾拓君を、坂本元子君の後任として畑江敬子君を、中村靖彦君の後任として野村一正君をそれぞれ任命いたしたいので、食品安全基本法第二十九条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
  次に、預金保険機構理事長の永田俊一君は六月二十三日に、また、理事の長島裕君は六月二十五日に任期満了となりますが、永田俊一君及び長島裕君を再任したいので、預金保険法第二十六条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
  何とぞ、御審議の上、速やかに御同意されますよう心からお願いいたします。
  以上です。
○委員長(溝手顕正君) 次に、総務副大臣山崎力君。
○副大臣(山崎力君) 公害等調整委員会委員田辺淳也君及び磯部力君の両君は六月三十日任期満了となりますが、田辺淳也君の後任に辻通明君を任命し、磯部力君を再任いたしたいので、公害等調整委員会設置法第七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
  何とぞ、御審議の上、速やかに御同意されますよう心からお願いいたします。

○委員長(溝手顕正君) 次に、財務副大臣赤羽一嘉君。
○副大臣(赤羽一嘉君) 日本銀行政策委員会審議委員中原眞君は六月十六日任期満了となりますが、その後任として野田忠男君を任命いたしたいので、日本銀行法第二十三条第二項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようよろしくお願いいたします。
○委員長(溝手顕正君) 次に、厚生労働副大臣中野清君。
○副大臣(中野清君) 労働保険審査会委員の白井康正君は六月三十日に任期満了となるので、その後任といたしまして伊藤博元君を任命いたしたく、労働保険審査官及び労働保険審査会法第二十七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるために本件を提出いたしました。
  以上、労働保険審査会の国会同意人事につき、何とぞ、速やかに御審議いただきますようお願いをいたします。
○委員長(溝手顕正君) 次に、国土交通副大臣松村龍二君。
○副大臣(松村龍二君) 運輸審議会委員小野孝君は七月五日に辞職し、榊誠君は七月五日に任期満了となりますが、小野孝君の後任に大屋則之君を任命し、榊誠君は再任いたしたいので、国土交通省設置法第十八条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
  また、航空・鉄道事故調査委員会委員松浦純雄君は二月十七日に辞任いたしましたが、その後任に豊岡昇君を任命いたしたいので、航空・鉄道事故調査委員会設置法第六条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
○委員長(溝手顕正君) ただいま説明の人事案件について、これより採決を行います。
  まず、人事官、預金保険機構理事長及び同理事、公害等調整委員会委員、日本銀行政策委員会審議委員並びに労働保険審査会委員の任命について同意を与えることに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(溝手顕正君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
  次に、食品安全委員会委員、運輸審議会委員及び航空・鉄道事故調査委員会委員の任命について同意を与えることに賛成の諸君の挙手を願います。
    〔賛成者挙手〕
○委員長(溝手顕正君) 多数と認めます。よって、本件は同意を与えることに決定いたしました。
(後略)